Buzzcocks / Buzzcocks

buzzcocks

ロック好きなら、飲んでる時などに「好きなパンクバンドは?」という話題で盛り上がった(又は喧嘩に発展した)ことがあると思います。
僕は迷わずBuzzcocksです。

僕が初めてBuzzcocksの音楽を聴いたのは、00年くらいのことだったと思います。
1st ”Another Music in a Different Kitchen”をツタヤで借りて聴いたんですが、90年代のオルタナの分厚いギターサウンドに慣れた耳には、音が軽いというか、スカスカに聴こえたというのが正直なところです。

なんですが、聴いているうちに次第に慣れ、やがて演奏のスピード感と、奇妙かつキャッチーなメロディが病みつきになり、何度も何度も繰り返し聴きました。
ロック系のDJイベントで”I Don’t Mind”や”Ever Fallen in Love?”が流れるといつも、フロアで気がふれたように踊りまくっていたものです。

2006年に来日公演があり、もちろん行きました。大阪は梅田シャングリラ。
序盤に何曲か、当時の最新作”Flat-Pack Philosophy”からの曲を演奏し、その後はヒット曲の連発に次ぐ連発。しかも、テンポを落とすことなくむしろ速かったくらい。
普段はモッシュなんてしんどいしウザいだけなのに、この日は妙に楽しく感じたのを覚えています。

Buzzcocks / Buzzcocks
1. Jerk
2. Keep On
3. Wake Up Call
4. Friends
5. Driving You Insane
6. Morning After
7. Sick City Sometimes
8. Stars
9. Certain Move
10.Lester Sands
11.Up For The Crack
12.Useless

本作は03年にUKではCherry Red、そしてUSではMergeからリリースされたアルバム。
時代相応に分厚いディストーション・ギターに乗ってファスト・チューンが次々に繰り出される豪快なロック・アルバムです。
サウンド的には、彼らの中でもかなり骨太でシリアスな作品なんじゃないでしょうか。
アルバムを通して聴くとやや単調な気もしますが、M1、M7などのシングル曲は文句なしにかっこよく、他の楽曲も粒揃い。
僕は個人的にはミドルテンポのロックンロール・チューンのM9がすごく好きですね。40代後半の彼らだからこそ出せた味…みたいな物言いは少し安直でしょうか。

本作では、オリジナル・メンバーで、初期に脱退した後Magazineを結成したHoward Devotoとの共作曲が収録されたのも話題になりましたね。
Buzzcocksの音楽に初めて触れる人には”Singles Going Steady”か”Another Music in a Different Kitchen”を勧めますが、初期三枚以降聴いたことがないという方にはオススメしたい一枚。

どうでもいいんですが、”Sick City Sometimes”のAメロ部分はGin Blossomsの”Hey Jealousy”に似てますね。

“What’s That Song?” set list at Club Wonder 2016/04/23 sat

1st
Tommy Keene – Places That Are Gone
I Don’t Cares – Wear Me Out Loud
Rhett Miller – Escape Velocity
Josh Rouse – Crystal Falls
M.Ward – You’re So Good to Me
Fountains of Wayne – Richie and Rubine

2nd
Kelley Stoltz – Rock and Roll with Me
Chris Stamey – Where Does the Time Go?
Sloan – You’ve Got A Lot On Your Mind
Wilco – A Shot in the Arm
Fountains of Wayne – Red Dragon Tattoo
Kurt Baker – Back for Good

Okkervil River / The Stage Names

94a1bc7acc96fa64665fb63c58c298f1

2007年。
個人的に耳が冴えていたのか、世の中がそうであったのか、異様に多くの名盤に出会った一年でした。
Arcade Fire ”Neon Bible”、Spoon ”Ga Ga Ga Ga Ga”、The National ”Boxer”などなど。そして、その中の一枚に、このOkkervil Riverのアルバムがありました。

正直に言うと最初に聴いた時は、その熱く(暑苦しく)歌い上げるボーカル・スタイルから「Arcade Fireのフォロワー的なバンドか」などと思ったんですが、聴き込むにつれ認識を改めました。(そもそも、Arcade Fireよりこっちの方が結成は早いしね。)
両者の音楽には近い要素もあるし、ファン層も被ってると思う(一緒にツアー回ってたこともあるし)んだけど、Okkervil Riverの方がよりインディ・ロック的というか、より近い対象に向けられた音楽だと感じます。
それは単にArcade Fireが世界的な人気バンドになったからそう感じるというわけでもないと思うんですよね。

そして、実際にライブを観て、より強くそう思うようになりました。
僕は、この次の作品”The Stand ins”のリリース後、2009年のBonnarooで彼らのライブを観ました。そして、しばらく空いて2013年のホステスクラブウィークエンダーでの初来日ライブも観ることができました。
想像以上に、とにかく熱くオーディエンスにぶつかってくるWill Sheffとバンドの演奏に、気付けば拳を振り上げていました。

Okkervil River / The Stage Names
1. Our Life Is Not A Movie Or Maybe
2. Unless It Kicks
3. Hand To Take Hold Of The Scene
4. Savannah Smiles
5. Plus Ones
6. Girl In Port
7. You Can’t Hold The Hand Of A Rock And Roll Man
8. Title Track
9. John Allyn Smith Sails

本作は、2007年リリースのOkkervil Riverの4thアルバム。翌年にリリースされた5th ”The Stand ins”と対になった作品です。
もともと二枚組にしようという構想もあったみたいです。

アルバム中では、どこまでもエモーショナルに盛り上がるM1、ライブでも定番のロック・チューンM2が人気でしょうか。
静かな曲も多いですが、決して退屈ではなく、全編ドラマティックなアルバムです。
鍵盤やストリングスの使い方に当時の空気を感じますが、改めて聴いてみると意外なくらいシンプルなアレンジだと気付きました。

ところで、前から気になってるんですが、最後の曲M9の後半ではBeach Boysでお馴染みの”Sloop John B”を引用していますが、歌い出しの部分はKinksの”Art Lover”をパクって(似ちゃって)ますよね?

Vashti Bunyan / Lookaftering

vashti bunyan lookaftering

00年代前半のいわゆる「フリー・フォーク」のブームにはリアルタイムではあまり深くハマっておらず、Animal CollectiveやDevendraを通じてVashti Bunyanを知ったわけではなく、この作品のリリースのタイミングで興味を持って、よく知らないままアルバムを聴いたのでした。
そうそう、IdlewildのRoddyが言及してたのも、興味を持った一因でした。

当時を振り返ると、Guided by Voicesが解散、Superchunkは活動休止中で、90年代のインディ・バンドが軒並み失速していったような感じで(※個人の感想です)、またemo系は解散orメジャー化が進みあまり興味を持てなくなっていました。
今思えば、当時はリスナーとして何を聴こうか模索していた時期だったのかなと思います。
そんな時に、僕の耳にすっと入ってきて、夢中になったのがこの作品でした。

Vashti Bunyan / Lookaftering
1. Lately
2. Here Before
3. Wayward
4. Hidden
5. Against the Sky
6. Turning Backs
7. If I Were
8. Same But Different
9. Brother
10. Feet of Clay
11. Wayward Hum

言葉にすると陳腐になってしまいますが、子守唄のような、とにかく優しいメロディがたくさん詰まっています。

2007年に初来日。どんな繊細な感じの人なのかと思ったら、いい意味でラフな、飾らないかわいらしい女性でした。

Versus / Hurrah

500x500

90年代後半から00年代初頭くらいまで、日本の雑誌やレコード店などでバンド(例えばYo La TengoやPavementやBuilt to SpillやGuided by Voicesなど)の紹介をする際、よく「USインディ」という言葉が使われていて、僕も積極的に使っていた。
今思えば非常にざっくりした表現ではあるのだけど、幅広い音楽性を持ったバンドたちが一絡げに紹介されることで、様々な音に触れる機会になっていたとも思う。
そして、僕が考える「USインディ」らしいバンドは、このVersusかなぁと思う。

Versusは、ニューヨークで1990年に結成され2001年に解散した、まさに90年代を駆け抜けたバンドだった。
初期こそ、例えばSonic Youthなどの影響が色濃い(いわゆるオルタナ的な)サウンドだったが、次第に独自性を発揮し唯一無二のサウンドを確立。
ひとつの到達点がこの”Hurrah”だったと思う。
(どの作品をベストとするかは、人によって意見が分かれるところだと思うけど)

Versus / Hurrah
1. My Adidas
2. Eskimo
3. Play Dead
4. Said Too Much
5. You’ll Be Sorry
6. Frederick’s Of Hollywood
7. The Spell You’re Under
8. Shangri-La
9. Walkabout
10. Sayonara
11. I Love The WB
12. Mermaid Legs

本作は、2000年にMergeよりリリースされた、Versusの解散前のラスト・アルバム。(2009年には再結成、アルバムもリリースしている)
美しいジャケット・デザインから、ジャケ買いしたという方も多かったんじゃないでしょうか。

クリーントーンのアルペジオとファズ・ギターによるダイナミックに展開する曲構成、男女のボーカルの絡み、不穏なムードを醸す不協和音など、既存の彼ららしさも残しつつ、本作では更にアレンジの幅が広がり、バラエティに富んだ楽曲が並んでいる。
例えば、ダンサブルなリズムを取り入れ、ものすごくポップに仕上がったM2や、M3、M5辺りで聴けるカントリー的なギター・プレイを取り入れたアレンジは、当時の彼らにとっての新機軸であっただけでなく、後のシーンを予見したような先進的な試みだったと思う。

全てを出し尽くしたのか?、この後バンドは解散。
中心人物のRichard Baluyutは、Whysall Laneを結成。Baluyut兄弟の末っ子、James Baluyutは+/-として活動。(日本ではこちらの方が有名でしょうね。素晴らしいので未聴の方は是非チェック!)
2009年にバンドは再結成、来日公演も行っている。復帰作”On the Ones and Threes”も素晴らしい内容なので、皆さん是非是非聴いてみて下さい!

The Tyde / Twice

518s-t5U2zL

The Tydeは、Further、Beachwood Sparksのメンバーらによるバンド。
LOWLIFE的には、ヴェルクラのRic Menckが参加している点にも注目ですね。お馴染みのカウントも頻繁に聴けます。

彼らは2006年に某フェスで来日していましたが、朝早い時間の出演であったこと、わりとリスナー層が被るであろうRhett Millerと同じ時間帯の出演だったこと、そもそもフェス自体の動員が少なかったことなどから、おそらく彼らのライブを観た人は少なかったのではと思います。
私は幸運にも大阪で観ることができましたが、あの時に出演したフェスが某Fか某Sだったら…もう少し日本における彼らの知名度も上がっていたかも…とも思います。
(いや、未だにネタにされることも多い某フェスですが、あのラインナップは本当に素晴らしかったと思います!!)

The Tyde / Twice
1. A Loner
2. Henry VIII
3. Go Ask Yer Dad
4. Best Intentions
5. Crystal Canyons
6. Takes A Lot Of Tryin’
7. Memorable Moments
8. Blood Brothers
9. Shortbread City
10.Breaking Up The Band
11.New D

本作は、2003年にRough Tradeからリリースされた2ndアルバム。
先行シングルとしてリリースされたM2、M3を聴いて夢中になってしまっていた私は、アルバム発売後すぐに購入、愛聴していました。

持ち前のゆる~いレイドバックしたフォーク・サウンドに加え、先述のM2、M3や、M5、M7など、アップテンポな曲が多いのが本作の特徴。
まさにジャケットのイラストの雰囲気がしっくりと合う、夏のアルバムです。

ちなみに、ジャケットのイラストはAndy Davisというアーティストによるもので、昔たまたまBEAMSで同じイラストが使われたTシャツを見つけて六千円もしたのに勢いで買ってしまいました。

Neko Case / Middle Cyclone

middlecyclone-720361

2009年6月、アメリカ・テネシー州マンチェスターで開催されるボナルー・ミュージックフェスティバルに行きました。
僕の最大の目当ては、トリのBruce Springsteen。そして、多くの若手・中堅のアーティストが出る中、個人的な大きな目玉がNeko Caseの出演でした。

Nekoの出演は、Bonnaroo最終日となる4日目。ナッシュビルから近いこともあり、カントリー系のアーティストの出演も多いボナルーのステージにNekoの音楽はぴったりで、ひときわ多いオーディエンスに囲まれ、コーラスのKelly Hoganとの掛け合いや人形劇?を挟みつつ、ライブはおおいに盛り上がりました。
僕はすっかり興奮して、友達に”Neko was queen of Bonnaroo!!!”ってメールを送ったほど。
今思うとなんとなく気恥ずかしいですが、本当にそう思えました。

Neko Case / Middle Cyclone
1. This Tornado Loves You
2. The Next Time You Say “Forever”
3. People Got A Lotta Nerve
4. Polar Nettles
5. Vengeance Is Sleeping
6. Never Turn Your Back On Mother Earth
7. Middle Cyclone
8. Fever
9. Magpie To The Morning
10. I’m An Animal
11. Prison Girls
12. Don’t Forget Me
13. The Pharaohs
14. Red Tide
15. Marais La Nuit

本作、アメリカではビルボード初登場3位(!)を記録。
Neko Caseといえば、日本のインディロック・ファンにとっては、New Pornographersのメンバーとしての方が馴染み深いかもしれませんが、ソロ・アーティストとしてもさらにすごいスーパー・スターなんですよね。
なので、2007年のNew Pornographersの来日公演にNekoが参加してたのは実は凄いことでした。代わりに?あの時はDestroyerことDan Bejarが不在でしたね。

…話が逸れました。
僕の場合は、全曲覚えるほど聴くアルバムってなかなか無いんですが、このアルバムの曲は全曲覚えてます。
M1のエモーショナルな盛り上がりから、静かに始まりやや不穏な雰囲気をはらみつつ展開するM2、そしてByrds風の12弦ギターに導かれ、アップテンポなリード・トラックM3へと続く。
しっとりとした曲が多いが決して中だるみはなく、美しいメロディとNekoの歌声が堪能できます。
要所要所に挟まれるカバー曲も秀逸。SparksのカバーM6、Harry NilssonのカバーM12と、「原曲を超えた!」とは言わないまでも、いずれもNekoの持ち味が活かされた優れたアレンジで、作品にアクセントを加えています。

アルバムのジャケットも、勢いがあってかっこいいですね。
これ、ずっとレコードが欲しいと思いつつまだ持ってません…。

What’s That Song?

whatsthatsonglarge

“What’s That Song?”
at Club Wonder
2016/4/23 sat 16:00-18:00
charge: 1,000yen(+1drink order)
DJ:Ryu,Yamamoto

謎のDJユニット「アレックス&チルトン」の二人による、お昼のミニDJイベントを開催します。
場所は東心斎橋クラブワンダーです。
イベント名はReplacementsの名曲”Alex Chilton”の歌詞より。
思わず「この曲なに?」って聞きたくなるような、グッド・ミュージックをプレイします!
以前のRyuさんの選曲を見ていただくと、雰囲気がわかっていただきやすいかもしれません)

この日は、なんと来日ツアー中のJim Boggiaによるアコースティック・ミニ・ライブもあります!(20〜30分のショート・セットになります)
(Jim Boggiaは4/24 sunに神戸でライブを行います。詳細はこちら

お昼〜夕方の開催ですので、普段夜遅くのイベントに遊びに行きづらい方にもご来場いただきやすいと思います。
チャージも安めになっていますので、皆様是非お気軽にお越し下さい!

また、”What’s That Song?”は18時までの開催ですが、同じくクラブワンダーにて18時半から人気イベント「土曜日の誘惑」が開催されます。
グラムロックを中心にプレイする最高に楽しいDJイベントです。チャージは別途必要ですが(1000円 w/1d)、是非こちらもあわせてどうぞ!

Nick Lowe And His Cowboy Outfit / The Rose of England

Nick+Lowe+Rose+Of+England+572828

僕がNick Loweというミュージシャンを知ってから随分経つけど、掘り下げて聴くようになったのはわりと最近。2011年にビルボード・ライブでの来日公演を観たのがきっかけかな。あれは本当に素晴らしかった。最後に”When I Write a Book”が始まった時は思わず声を上げてしまった。

正直に告白すると、それまで僕は”Anthology”という2枚組CDと、”Jesus of Cool”、”Labour of Lust”くらいしか聴いたことがありませんでした。
”Anthology”は2002年までの全キャリアを網羅したなかなか良い選曲の編集盤で、リリース当時に買ってよく聴いていたんですが、Brinsley Schwarzからソロデビュー、Rockpileとその少し後までが収録された一枚目ばかり聴いていました。

しかし、ある日気付きました。「”Anthology”の二枚目…めちゃめちゃ良くね?」と。
特に”She Don’t Love Nobody”、”Rose of England”が気に入って、何度も繰り返し聴くうちに、これらが収録されたアルバムを聴いてみたいと思うようになり、”Rose of England”の中古盤を購入しました。

Nick Lowe And His Cowboy Outfit / The Rose of England
1. Darlin’ Angel Eyes
2. She Don’t Love Nobody
3. 7 Nights To Rock
4. Long Walk Back
5. The Rose Of England
6. Lucky Dog
7. I Knew The Bride (When She Used To Rock ‘N’ Roll)
8. Indoor Fireworks
9. (Hope To God) I’m Right
10. I Can Be The One You Love
11. Everyone
12. Bo Bo Skediddle

85年にリリースされた本作は、前作に続き”And His Cowboy Outfit”名義となっており、Paul Carrack(元Squeeze他)、Martin Belmont、Bobby Irwinがメンバーとして名を連ねている。
John Hiatt作のM2、Huey Lewisプロデュース・Dave Edmundsへの提供曲のセルフカバーM7、Elvis CostelloのカバーM8など、トピックが盛り沢山。M3はロカビリーのクラシック・ヒットのカバーだし、後にGraham ParkerがM5をカバーしていたり、「パブ・ロックの総決算」と言っても過言ではないくらい、パブ・ロックの要素が詰まった作品ですね。

先述の”Anthology”に、このアルバムから5曲が選ばれているんですが、それはかの名作”Labour of Lust”と並ぶ曲数です。おそらく、ファンの間でも”Labour of Lust”と同じくらい、この作品をベストとして挙げる人は多いんじゃないでしょうか。そして、”Labour of Lust”と並んで、初めてNick Loweの音楽に触れる方にも自信を持ってオススメできる一枚です。

ひとつのアーティストの、ほんの数曲だけを聴いて知ったような顔をしてしまうことが度々あります。キャリアの長いミュージシャンなら尚更。音楽の良さを理解するためには相応の時間がかかると思うので、できるだけしっかりと、いろんな音楽に耳をかたむけていきたいと思います。知ったような顔をするためではなくて、より深く楽しむために。