Jeff Plankenhorn & Scrappy Jud Newcomb Live in Osaka 2019

scrappy_plank

LOWLIFE Records presents “Melody #9″

Jeff Plankenhorn & Scrappy Jud Newcomb Live in Osaka 2019
w/The Mayflowers

Live:
Jeff Plankenhorn & Scrappy Jud Newcomb (from The Resentments)
The Mayflowers
DJ:Masa(Blockbuster!), Ryu(substitute!)

2019/1/24(thu) SOCORE Factory (Osaka, Minami Horie)
Open 18:30 / Start 19:30
adm 4,000yen (+1drink order) / door 4,500yen (+1drink order)

LOWLIFE Records 2019年第一弾企画は、Jeff Plankenhorn & Scrappy Jud Newcombのジャパンツアー大阪公演!!
Tim Easton、Tom Freundに続き、Cafe Goatee主催ツアーのサポートです!

Jeff PlankenhornとScrappy Jud Newcombは、共にオースティンのスーパーグループ・The Resentmentsのメンバーで、それぞれソロ・SSWとしても活動しています。
Jeff Plankenhornはギター、ドブロ、ラップ・スティール、マンドリンなどを弾きこなすマルチ・プレイヤーで、2009年に亡くなったStephen Brutonに代わりThe Resentmentsに加入。これまで5枚のソロ・アルバムをリリースし、2018年5月にリリースされた最新作”Sleeping Dogs”はScrappy Jud Newcombが共同プロデューサーとして参加しています。
Scrappy Jud Newcombは「オースティンで最も忙しく、最も素晴らしいギタリスト」と呼ばれ、自身のバンド及びソロ活動以外にも、多くのミュージシャンのサポートで活躍。Small Faces/FacesのIan McLaganのバンド、Bump Bandの正ギタリストを長年つとめていたことでもよく知られています。
今回のツアーでは、二人が一緒に演奏し、それぞれの曲を交互に歌うスタイルのライブとなります。
卓越した演奏力と味わい深い歌声で奏でられる、優れた楽曲の数々を存分に味わってください。

そして、大阪公演には京都の3ピース・バンド、The Mayflowersが出演します!
2018年はアルバム”Wild One”のリリース、そしてUKツアー~大規模な国内ツアーを敢行し、多くのオーディエンスを熱く盛り上げた彼ら。
この日は、いつものラウドな演奏とはまた違った形で、彼らの「メロディ&ハーモニー&ロックンロール」を聴かせてくれる予定です。

DJはお馴染みのMasa & Ryu!開演前や転換時も最高の選曲でお楽しみいただけます。

イベントのチケットの御予約はこちらのフォームからお申し込み下さい。

ツアーの全日程はこちらをご覧ください。

“Two Wild Horses” by The Purgatory Players (Scrappy Jud Newcomb, Jon Dee Graham & Jeff Plankenhorn)

“Daydrinking” by The Resentments (lead vocal: Bruce Hughes & Jeff Plankenhorn)

“Death Letter” by Scrappy Jud Newcomb w/ Rob Hooper

“Where Did The Time Go” by Scrappy Jud Newcomb & Band

“Glad and Sorry” by Ian McLagan & The Bump Band (Gt: Scrappy Jud Newcomb)

“This Guitar” by Jeff Plankenhorn

“Homecoming” by Jeff Plankenhorn & band (Gt: Scrappy Jud Newcomb)