Tommy Keene Japan Tour 2017 “Back Again”

Tommy Keene来日決定!!
2015年秋、The Small Squareのギタリストとして初来日を果たしたTommy Keeneが再び日本に帰ってきます!!今度は自らのバンドを引き連れ、名曲の数々をたっぷり聴かせてくれます!!

Tommy Keene Japan Tour 2017 “Back Again”

2/18(sat)神戸 ヘラバラウンジ Kobe Helluva Lounge
“Tommy Keene Tonight”
Open:18:00/Start:19:00
adm:¥2500(+1d),door:¥3000(+1d)
w/ Alcohol Apology,Boys Order,Buoy,Fashion Keys

2/19(sun)大阪 難波メレ Osaka Namba Mele
“Melody #5″
Open:17:30/Start:18:30
adm:¥3000(+1d),door:¥3500(+1d)
w/ the Miscasts,Chelsea Times
DJ/ Ryu,Mokuo
SHOP/ Holiday! Records

2/21(tue)京都 磔磔 Kyoto Takutaku
“Timeless Melody vol.5”
Open:18:00/Start:19:00
adm:¥2500(+1d),door:¥3000(+1d)
w/ The Mayflowers

2/24(fri)名古屋 鶴舞 Barリップル Nagoya Tsurumai Bar Ripple
adm:¥2000(+1d),door:¥2500(+1d)
Open:19:00/Start:20:00
w/ Half Sports, She Said
※バーでの演奏となり、Tommy Keeneの出演時間も遅めとなります。あらかじめご了承ください。

2/25(sat)東京 新宿 レッドクロス Tokyo Shinjuku Red Cloth
“Power Pop Revival vol.10″
adm:¥3800(+1d),door:¥4300(+1d)
Open:18:00/Start:18:30
w/ toddle,Boys On The Beach
DJ/ aco, Dominic, Yamamoto
Shop/ Classics Records

2/26(sun)東京 高円寺 ペンギンハウス Tokyo Koenji Penguin House
Target Earth Presents”
Open:18:30/Start:19:00
adm:¥3300(+1d),door:¥3500(+1d)
w/ ROCKBOTTOM,The Thunderroads,Beat Caravan,Triple Junk

チケットのご予約はこちらのメールフォームより受け付けております。

Tommy Keene
Photo by Yuko Suzuki

【バイオグラフィー】
1958年、米メリーランド州ベスセダ生まれ。
ワシントンD.C.のギターロック・バンド、The Razzのメンバーとして活動した後、1982年にアルバム”Strange Alliance”(後にFugaziやJawboxの作品を手がけるTed Niceleyとの共同プロデュース)でソロ・デビュー。続いてリリースした自主制作のEP”Places That Are Gone”が大きな注目を集め、1986年にアルバム”Songs from the Film”でメジャー・デビュー。活動の拠点をLAに移す。1989年には、Peter Buck(R.E.M.)やJules Shearらをゲストに迎え、メンフィスのArdent Studio(Big Starの作品などで知られる名門スタジオ)で録音された”Based On Happy Times”をリリース。

その後メジャーを離れ、Velvet Crushや、元ReplacementsのPaul Westerbergのツアーにサポート・ギタリストとして参加。これらの活動を通じソロ・ミュージシャンとしてだけではなく、「サイドマン」としても高い評価を得る。
また、1993年に発売されたコンピレーション・アルバム”Yellow Pills”に、Shoes、20/20、Rubinoosらと並び楽曲が収録され、多くの熱心なポップ・ファンの間で知名度が高まる。
ブランクを経て、1996年にMatadorから復帰作”Ten Years After”をリリース。この作品から、今もTommy Keeneサウンドの要として活動を共にしているベーシストのBrad Quinn、ドラマーのJohn Richardsonが参加。アグレッシブなロック・サウンドと、優れたソング・ライティングが高次元で結びついた会心の一枚となった。続いて同じくMatadorより”Isolation Party”をリリース。当時のWilcoのメンバーであったJay Bennettと、同じくWilcoの中心人物Jeff Tweedyがゲスト参加。Matadorからの二枚は日本でもCDがリリースされた。

21世紀に入り2002年、当時多くの優れたインディ・バンドの作品をリリースしていたSpinARTに移籍し、”The Merry-Go-Round Broke Down”をリリース。
2006年にはGuided by Voices解散後のRobert Pollardとのユニット、Keene Brothersのアルバムをリリース。前後してRobert Pollardのソロ・ライブにもギタリストとして参加し、ツアーを回った。
2006年のアルバム”Crashing the Ether”は、ノースカロライナ州チャペルヒルのレーベル、Eleven Thirtyからリリースされた。その後、新たに立ち上げられたレーベル、Second Motionから、”In the Late Bright”(2009)、キャリアを総括した編集盤”You Hear Me: A Retrospective – 1983-2009”(2010)、”Behind the Parade”(2011)、カバーアルバム”Excitement at Your Feet”(2013)と、コンスタントにリリースを続ける。
現時点での最新作となる2015年の”Laugh in the Dark”は、還暦近いベテランの作品とは思えないほど、フレッシュな勢いに満ちた快作となった。

2015年秋には、Velvet CrushのPaul Chastainの新ユニット、The Small Squareのリード・ギタリストとして初来日。ツアー中の5公演でショート・ライブを行った。
そして2017年2月、待望の再来日公演が決定。長年の相棒であるベーシストのBrad Quinn、十代の頃からTommyのステージで演奏していた若きドラマーHunter Keeneをバックに、数々の名曲をじっくりと披露してくれるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>