Neko Case / Middle Cyclone

middlecyclone-720361

2009年6月、アメリカ・テネシー州マンチェスターで開催されるボナルー・ミュージックフェスティバルに行きました。
僕の最大の目当ては、トリのBruce Springsteen。そして、多くの若手・中堅のアーティストが出る中、個人的な大きな目玉がNeko Caseの出演でした。

Nekoの出演は、Bonnaroo最終日となる4日目。ナッシュビルから近いこともあり、カントリー系のアーティストの出演も多いボナルーのステージにNekoの音楽はぴったりで、ひときわ多いオーディエンスに囲まれ、コーラスのKelly Hoganとの掛け合いや人形劇?を挟みつつ、ライブはおおいに盛り上がりました。
僕はすっかり興奮して、友達に”Neko was queen of Bonnaroo!!!”ってメールを送ったほど。
今思うとなんとなく気恥ずかしいですが、本当にそう思えました。

Neko Case / Middle Cyclone
1. This Tornado Loves You
2. The Next Time You Say “Forever”
3. People Got A Lotta Nerve
4. Polar Nettles
5. Vengeance Is Sleeping
6. Never Turn Your Back On Mother Earth
7. Middle Cyclone
8. Fever
9. Magpie To The Morning
10. I’m An Animal
11. Prison Girls
12. Don’t Forget Me
13. The Pharaohs
14. Red Tide
15. Marais La Nuit

本作、アメリカではビルボード初登場3位(!)を記録。
Neko Caseといえば、日本のインディロック・ファンにとっては、New Pornographersのメンバーとしての方が馴染み深いかもしれませんが、ソロ・アーティストとしてもさらにすごいスーパー・スターなんですよね。
なので、2007年のNew Pornographersの来日公演にNekoが参加してたのは実は凄いことでした。代わりに?あの時はDestroyerことDan Bejarが不在でしたね。

…話が逸れました。
僕の場合は、全曲覚えるほど聴くアルバムってなかなか無いんですが、このアルバムの曲は全曲覚えてます。
M1のエモーショナルな盛り上がりから、静かに始まりやや不穏な雰囲気をはらみつつ展開するM2、そしてByrds風の12弦ギターに導かれ、アップテンポなリード・トラックM3へと続く。
しっとりとした曲が多いが決して中だるみはなく、美しいメロディとNekoの歌声が堪能できます。
要所要所に挟まれるカバー曲も秀逸。SparksのカバーM6、Harry NilssonのカバーM12と、「原曲を超えた!」とは言わないまでも、いずれもNekoの持ち味が活かされた優れたアレンジで、作品にアクセントを加えています。

アルバムのジャケットも、勢いがあってかっこいいですね。
これ、ずっとレコードが欲しいと思いつつまだ持ってません…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>