Paul Chastainのこと

Velvet Crushの音楽に初めて触れたのは、たしか高校生の頃でした。
8つ年上の兄がいて、CDをたくさん持っていて…渋谷系とか、ブリット・ポップとかいろいろ。
OasisやSupergrass、Teenage FanclubやSloanなどのアルバムを借りてよく聴いていました。
そんな中に、”Teenage Symphonies to God”がありました。

…とは言っても、僕は何かの雑誌を読んで「ふむふむ、Velvet Undergroundというバンドは聴いておかなければならないな…」と思い、間違えて借りたのだけども…。

そんな脱力エピソードは置いといて、Teenage Symphonies to Godは、気に入って聴いていました。好きだったのは”Hold Me Up”と”Atmosphere”。
ただ、例えば”Time Wraps Around You”や”Why Not Your Baby”のような、スロウな曲の良さがわかるようになるのは、もう少し後の話でした。

時は流れ、大学生になり、アルバイトなどをして自分でCDを買ったりするようになりました。
VCのアルバムも全部揃え、Choo Choo TrainやSpringfieldsも聴きました。
ただ、20歳くらいの頃は毎日のようにレコード店に通い、たくさんの音楽に触れていて、VCはたくさんの好きなバンドの中の一つという感じになりました。

そして2004年、Matthew Sweet & Velvet Crushの来日公演。心斎橋クアトロで観ました。
2組の好きな曲がたくさん聴けて、本当に楽しく、贅沢な夜だったなぁ。

この辺り以降、解散こそしていないもののVCとしての目立った活動は無いのですが、個人的にVC、特にボーカル/ベースのPaul Chastainの存在が重要なものになってくるのは、この後のこと。

東心斎橋にあるロック・バー、クラブ・ワンダーでPaul Chastainのライブを観たのは、2012年と2013年のことだった。ソロで、ギターの弾き語り。
正直なところ、最初はバンドじゃないと物足りないなぁ…などと思いながら観ていたけど、次第に引き込まれてしまいました。

そして、Paulが聞き覚えのあるメロディを歌い出しました。
Dylanの「くよくよするなよ」

2012年当時、僕はとても落ち込んでいました。音楽関係のことを仕事にするのを諦め、30代にして再び始めた会社勤めは難しいことが多く、プライベートも、全てにおいて空回り。

そんな時に、Paulの歌声がひたすら優しく響きました。
まるで僕に語りかけてるように…そんなわけないんだけど。

Paulの歌声は線が細く、ともすれば弱々しいと感じる人もいるかもしれません。
しかし、その声質を前提にしてこそ、複雑なギターの絡みやコーラスワークを多用したVelvet Crushのアレンジが生まれたのではないかなぁと推測しています。
もし、Paulが「ロック向きの」声質だったなら、彼が生み出してきた名曲の数々も、違ったものになっていたかもしれません。
(アメリカ人である彼らの音楽が、イギリスや日本で高い人気を得たのは、すごく納得できるというか。)

そして、彼の紡ぎ出してきたメロディの数々を、十二分に堪能できるのが、弾き語りスタイルだと思います。
5月4日のライブでは、サポートにTommy KeeneのバックバンドやCarnival Seasonのメンバーとして知られるプレイヤーのBrad Quinnを迎え、デュオで演奏してくれます。

結局宣伝になってしまいましたが、この文章を読んで興味を持ってくれた方は、とにかく一度Paul Chastainというひとの歌を聴いてみてください!
ポップ・ミュージックが好きなら、きっと何かを感じ取ってもらえると思います。

DM3 大阪公演

出演者:
DM3
Paul Chastain(The Small Square,Velvet Crush)
Chelsea Times
Lady Flash

2015年5月4日(月・祝)
会場:松屋町 地下一階[chika-ikkai]
料金:前売3000円(+1d)/当日3500円(+1d)
チケットのご予約ご希望の方は、こちらの申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>